ほんわか狆太郎

裏の小川

うちの裏には小川が流れています。

c0105157_23265946.jpg



その向こうは隣の山の崖なので行き止まりです。


だからほとんどマイ 小川なんです。

でもね、この小川、私がここに越して来た時は悲惨な状況だったんですよ。


今まで長い間川に捨てられ続けていたごみ!ごみ!ごみ!ごみのせいでした。


だから越して来てすぐに始まったのは川のごみ拾いでした。


いろんなものが川底や川岸に埋まっていましたよ。


セーター、スキー、ストック、電話機、ステンレスの流し台、茶碗、ガラス、瓶、スコップの先、ソリ、ママさんダンプ、なんだか分からないプラスティックの破片、農薬の袋、なんだか分からないさびた金具、ホタテの貝殻、紙おむつ、発泡スチロール、プラスティックの果物かご・・・とにかくあらゆるごみが流れて来たり堆積していたりしたのです。
それを拾い続ける毎日でしたね。
数年前にユンボを入れて川底をさらいました。その時に川岸も削れてしまい、フキなどが生えなくなってしまいました。


それから毎日道ばたや庭に生えて来たフキなどを植え続けやっと今のような状態になりました。

c0105157_23252291.jpg


c0105157_23281888.jpg


でもこの辺りにはコンフリーが繁茂しているのでこれも根気づよく抜き続けています。


今年から抜き始めているのは「ドクゼリ」


ドクゼリが全滅したらセリを植えようと考えています。もちろんわさびなんかも植えようと思っています。水はとってもきれいなんですよ。

c0105157_23292157.jpg




環境が良くなって来ると生き物もどんどん増えて来ます。



川虫だけじゃなく、ヤマメなどの稚魚やドジョウなんかも住んでいます。



トンボはたくさんやって来ます。川トンボが多いですがオニヤンマなどもやって来ます。



この川は「ムカシトンボ」の繁殖地ということで近隣の小学校で保護活動をしているんですよ。

c0105157_23325539.jpg



だから登山客などがごみを捨てるとすごく腹がたちます!!

c0105157_23332270.jpg



やがてこの川は豊平川に流れ込み、白川の取水口から取込まれ浄水場で処理されて札幌市民の飲み水となります。


だれかのお家の水道からこの小川の水が出て来ているかもしれないと思うと不思議な気持ちになります。

c0105157_2333477.jpg

[PR]
by shiro-kuro-family | 2010-07-27 23:50 | 自然
<< 家庭用マイクロバブル買ってみたのだ お友達とボーダーコリー >>