ほんわか狆太郎

山の手入れを手伝う

山の手入れを手伝いました。


植林した赤松の林ですが、木が込み合い、中で死んでしまっている木や大きくなれず細いまま伸び、曲がってしまった木などがあります。


8日は間伐という作業を体験しました。


山の師匠H氏の指示でO氏、私、S 氏が動きます。


先ず間伐する木の列を決め、どうやって倒すかを話し合います。


狭い林の間を他の木を傷めずに倒すためにロープをかけ、倒れる方向に引っ張ることにしました。


先ず余計な枝を払い、ロープを持って木に登ります。


死んだ木に登るのはとても大変。だって足をかける枝が次々と折れちゃうんです。
そこでこんな金具をつけて登るんです。
c0105157_12191480.jpg



両足につけてかぎ爪を木の幹に引っ掛けながら登ります。
がに股に登るのがコツなんですって!!
c0105157_1221712.jpg



これは師匠に任せました。
c0105157_12224524.jpg



生きた木に登るのはわりと簡単です。(木登り得意なの!)


枝に足をかけ、どんどん登れます。生きた木のロープ掛け担当は私。
写真に小さく写っているのは私でーす!!
c0105157_1231180.jpg



「このへんか〜い?」
「もっと上だあ。もそっと上にロープさかけてこ〜い。」
「げげっ、マジっすかあ〜」
と言いながら上に登り、更にロープをかけるのです。
上に登って片手でロープをかけるのが一苦労。



降りたら根元をO氏がチェーンソーで切ります。
合図とともに「引けええええ!」「うおおおおっ!」とばかりに引きまくります。
途中でやめると両隣の木の枝に阻まれ、倒れてこなくなります!
だから遠慮会釈なく引きまくります!


わっさわっさと引いているうちにロープが急に軽くなり、両隣の枝を抜けたことが分かります!
そうしたら隣の列の木の間に避難!


ミキミキミキ〜という音とともに目の前にゆっくり木が倒れてきます。
どっさあ〜〜っ。うおっ、おんもしれ〜♥


間伐材を使って鳥居を作りました。
c0105157_12385671.jpg

c0105157_12391556.jpg

c0105157_12393483.jpg



鳥居に付いている七五三縄は昨夜みんなで手作りしたもの。
(といっても師匠が作るお手伝いをしただけなんですけど)
私は縄をなうコツを掴んだので縄作りはもうばっちしですよ!


この後O氏に清めの祝詞をしてもらい辺りを清めてもらいました。
のりとの後は古家の方に向き直り、この土地に長年住んでいた方々に般若心経です。
c0105157_12494465.jpg



宜しくお願いしますという挨拶を終え、荷物をまとめて帰りました。



::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::



今日のわんこたち〜


主役はまきちゃん


掘って〜掘ってええ〜
c0105157_13383872.jpg



もっと掘ってえ〜「すごいね、まきちゃん。ゆりこびっくりだよ。」
c0105157_13391925.jpg



まだまだ掘るわよ〜。ヨイショヨイショ!
c0105157_13402299.jpg



木の根っこが出て来たわあ!!ラッキー!
c0105157_13405945.jpg



体もすっぽり!ああ楽し〜♥
c0105157_13414963.jpg



「・・・・。」
c0105157_13421019.jpg

[PR]
by shiro-kuro-family | 2008-03-09 13:44 | ペット
<< 涙焼が消えて行く いい天気だ!! >>