ほんわか狆太郎

タグ:自然破壊 ( 1 ) タグの人気記事

悲しい大地

うちのお山の隣のお山を買った人がいます。
土建会社かなんかの社長らしいです。

どでかい重機たくさん持ってるし、若い衆もたくさんいるから
買った山の斜面をどでかいユンボとブルで削り、山に上がる立派な道をつけ
でかいユンボの先に大木もチョキンと切れちゃう高枝切り鋏みたいなのつけて
チョキンチョキンと切りまくり、長さも揃えて割り箸積み上げる様に積んで
切り株ももりもりめりめり引き抜いて
あっちゅうまになんにもない広っぱにしてしまいました。


そんなに広げてなにするつもりなのか聞いたところ
分譲の畑(家庭菜園)にするんだとか・・・。


そしてその魔の手は道をはさんだ向かいの平地にも迫ります。
だってそのお山は「カラマツ」の山だからけっして畑に適した表土ではないんですよね。
社長は畑に適した表土を求めて森を切り倒し続けます。


躊躇無し!


そしてとうとう私の畑にやって来た社長曰く
「畑の表土30センチほど譲って欲しい。そのかわり自分が切り開いた土地あげるよ。」


信じられない自分勝手な言葉。
人の畑の表土が欲しいなんて!・・・・絶句です。


でもどうしても表土が必要だった社長は次に私の畑に隣接した土地を買って


「あんたのところの畑の一部を道路用地として譲って欲しい。」と言って来ました。
(社長の土地は道路に面していないところが多いので
うちの土地を通らないと入れないところがあるのです)


この人は自然や心和む景観に、そこに住んでいる動植物に
何の関心もないのです!


そのような人が隣人になることは・・・とても・・・


我慢ならんです!!


断ると次に重機持って来て「お礼をするから通らせて欲しい。」と言って来ました。


私がいない時にちゃこちゃんパパさんが勝手にOKしてしまったので
家の畑を重機でかき分け踏み固めて道をつけその土地に入りました。


美しい森はめきめきばきばきと恐ろしい音を立てながら切り倒され踏みつぶされて行きました。


何のために・・・それはその土地の表土を採るためです。
c0105157_20135170.jpg



売り物にならないような広葉樹だから、なぎ倒し崖に落としたり
そこいらへんに無造作に積み上げて行きました。

巨大なユンボで表土をほじくります。
ユンボの先についているバケットはメッシュになっているので
すくい取った土をメッシュでふるいます。
そして石や木片と土を選り分けて行きます。


あれよあれよと積み上げられていく土の山と石の山。


最後は土の山を分譲用畑の予定地に持って行って上にまいていました。


重機で踏みつけられたところはとても固く踏み固められていて
トラクターで耕し直すとしたらまた燃料代がかかります。

その後社長は全く姿を見せず、約束していたお礼も道路の復元もされていません。


そして自らの皮を剥ぎ取られた土地はこんな有様になってしまいました。

c0105157_19542827.jpg

c0105157_19541113.jpg

c0105157_1953468.jpg

c0105157_19533318.jpg

c0105157_19531369.jpg


無惨悲惨


こんなにきれいな景色だったのに
c0105157_20143826.jpg

[PR]
by shiro-kuro-family | 2010-08-11 19:49 | 自然