ほんわか狆太郎

さよなら、狆太郎

帰宅すると、いつものように狆太郎は寝ていました。

「狆太。」と声をかけてなでるのですが、あまり動きません。

「死んでるんじゃないか?!」 と思い、呼びかけると、いつもなら、もそっと目を開けるのです。

「ああ、良かった。死んでない。」

今まで、この繰り返しの毎日でした。

でも、今日はとうとう返事をしてくれませんでした。

さわるとまだ温かい体。鼓動が感じられないだけです。

きっと、私の帰りを待っていたのでしょう。

眠りながら亡くなったようで、苦しそうな表情はありません。
c0105157_18373641.jpg


みんなが、さよならを言ってくれました。
c0105157_18374994.jpg


昨日はお耳掃除をして、とっても気持ちが良さそうでした。

今日は思いっきり、シャンプーして、体をきれいにしてあげようと思います。

うんちが出ても、すぐになめとってしまうような、きれい好きさんでしたから。

今日は、ここまでです。
[PR]
by shiro-kuro-family | 2006-11-14 18:47 | 狆太郎
<< さよなら狆太郎その2 ダッフルコート >>